飛鳥U2010年世界一周クルーズ4月17日(14日目)アラビア湾沖を終日航海「飛鳥祭り」

 
 
HOMEasukaTOP航路図寄港地情報寄港地ツアー世界遺産スケジュール撮影機材
 
 

 世界一周クルーズで撮影した写真を PIXTA フォトライブラリーで販売してます。    

 

世界一周クルーズ高画質ビデオ(動画)はこちら

   
 

  4月17日(土曜日)スリランカ(セイロン島)最南端を通過してインド洋を終日航海。朝5時30起床すると晴天で水平線がクッキリと見えた。早速カメラ片手に7デッキ後方へ、暫くすると水平線がキラット光り、太陽が頭を出しだした、瞬く間にまん丸の太陽が登り始める、初めて見る日の出、全く障害物がない水平線からの日の出は、地球の丸みを感じながらの神々しいばかりの光景、シャターを立て続けに切った、最高の写真が撮れ大満足した。
 午前中は、ヒエログリフ教室のオリエンテーションに参加、飛鳥Uのクルーズの思い出に、本物の「パピルス」に古代文字のヒエログリフで、自分の名前を書く教室です。100名の方が参加し大盛況でした。実際の作製は明日から3回に分けて行われます。

 昼食は、オニギリでした。久しぶりに食べるオニギリ、それにしても飛鳥Uの食事は、毎日変わったメニューで楽しく食事ができるし、味も一流コックさんが調理するため美味しい。

 午後第1回の写真教室が行われた、会場の6デッキハリウッドシアターに入ると、オーバヘッドプロジェクターでスクリーンに、参加者の作品を評価するということで、先日提出した私の撮った写真(鹿児島入港時の桜島の噴煙)が映し出されていた。講演の最初に提出された作品(13作品)の評価があり、私の作品は、構図、シャターチャンス、ピント、色、作品の意図、全て良く申し分ない作品と評価され、気分は最高でした。(第二の人生でプロカメラマンになれるかも?)夕食後、「飛鳥祭り」が11デッキのプールサイドで行われ、妻と浴衣を着て参加した、阿波踊り、ねぶた踊り、ヨサコイ踊り、竿灯など日本を代表する祭りの様子が、乗客と一緒に展開され、船長やクルーの皆さんがいろいろな衣装を身につけ、ムードを盛り上げてくれ、最後に全員で盆踊りで終了した。妻は、大村崑さんと踊ることができたと大はしゃぎの飛鳥祭りでした。                  ※写真の上でクリックすると拡大表示します。

■飛鳥祭り写真集はこちら

2010/04/16

  2010/04/18

|

HOME

|

サイトマップ

|

 

ご利用上の注意

|

  晴翠書道教室 | プロフィール | 更新履歴 | お問合せ |    
 
 

食るり愉るり知多半島

 

食るり愉るり知多半島

Copyright (C) 2005-2010 Zenpaku All Rights Reserved