飛鳥U2010年世界一周クルーズ4月28日(25日目)スエズ運河

 
 
HOMEasukaTOP航路図寄港地情報寄港地ツアー世界遺産スケジュール撮影機材
 
 

   ■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・⇒世界一周クルーズで撮影した写真を PIXTA フォトライブラリー で販売しています。

  4月28日(水曜日)スエズ運河通狭、朝5時スエズ抜錨を出港、飛鳥Uが先頭で運河入口に向かう、通航規則では、軍艦、客船、コンテナー船、タンカーの順番で航行するようで、今回の通狭は飛鳥Uが先頭で後ろに、大型客船2隻が続いてスエズ運河に入った。

 地中海と紅海を結ぶスエズ運河は、1日80隻の船が通過する世界最大の運河です、1989年に完成していると聞き、その偉大な土木技術に驚きを感じながら、風景を楽しみました。両岸には、1Km間隔でエジプトの兵士が銃を持って警戒していて、運河の戦略的な重要性を痛切に感じました。9時頃に、「グレートビター湖」を通過、13時には「レールウェイ橋」、そして、南航船が砂漠の砂の上に船が浮いているように見える、「バラーループ」を通過、残念ながら待機船はコンテナー船1隻でした。エジプト・アラブ共和国から日本政府への援助依頼により建設費の6割を無償援助で、2001年に建設されたスエズ運河架橋、ムバラク平和橋(主橋梁部全長730m、中央径間404mの斜張橋、水面から桁下まで70mで世界最高)を通過、橋の下の水際に鹿島建設の看板があった。ポートサイド通過は、予定より1時間くらい早く地中海へ出た。                    ※写真の上でクリックすると拡大表示します。                                             

■スエズ運河通峡写真集

  2010/04/27 

  2010/04/29

 

|

HOME

|

サイトマップ

|

 

ご利用上の注意

|

  晴翠書道教室 | プロフィール | 更新履歴 | お問合せ |    
 
 

食るり愉るり知多半島

 

食るり愉るり知多半島

Copyright (C) 2005-2010 Zenpaku All Rights Reserved