懐かしくなりました。2001年インパクミーティングパーティー

インパクパーティ2001会場

 

 

 

HOME知多の見所知多の宿(ホテル)知多のお土産全国各地のお土産トピックス日本の観光スポット

  インパクミーティング2001
  ■
日時 2001年11月30日(金)14:00〜15:45

  ■会場 東京都新宿区旧淀橋第三小学校 体育館
  ■主催 総務省新千年紀記念行事推進室、インターネット文化振興協会
      発起人/インパク編集長 糸井重里氏、荒俣宏氏     
※糸井編集長挨拶が聞けます。

  インパクパーティ2001
  ■
日時 2001年11月30日(金)16:00〜18:30

  ■会場 東京都新宿区旧淀橋第三小学校 校内(グランド特設テント)
  ■主催 インターネット文化振興協会
      発起人/インパク編集長 糸井重里氏、荒俣宏氏         
 (写真をクリックすると拡大表示します)

インパクミーティング2001では「パネルディスカッション」が行われインパク編集長の浜野保樹氏の司会でパネラーはインパク編集長の糸井重里氏、同じく荒俣宏氏、主催者側総務省千年紀記念行事推進室の藤岡文七氏、パビリオン設営者の代表として安田火災「エコロジーな暮らしを考える」藤永章氏、大阪府「民族芸能」石田暁氏、「なじらね新潟下町おもっしぇところ」野内隆裕氏により行われました。パネルディスカッションの詳細の内容は、2002年3月にNHK「BSフォーラム」でOAされますのでご覧ください。

インパクの実施状況は、昨年末の開会時には253であったパビリオン(サイト)は499(テーマパビリオン209、自由参加パビリオン290)まで増加、自由参加パビリオンへの応募者数は1200件に達した。インパクでのパビリオン設営者の動向として。@約2/3の自治体が、インパクが開催されたのでコンテンツの制作・公開を行っている。A自治体パビリオンの参加動機は、1)テーマに関する普及・啓蒙、2)文化貢献、3)地域内業者の育成、B企業パビリオンの参加動機は、1)イメージアップ、2)消費者・生活者との交流、3)文化貢献。

NHKの取材スタッフ

インパクへのアクセス数は堅調に増加、バーナーヒット数は2月から3月にかけてテレビなどの広告効果もあって増加したあと、4月には1月の水準に下落4月以降から増加基調に推移し5割程度の増加。9月は米国のテロ事件を契機に1から2割の減少、その後持ち直し、10月、11月はIPアドレス数で過去最高を記録。秋口からは、外国からのアクセスが増加10月現在のバナーヒット数は3400万件。設営者へのアンケート結果では、参加者の大多数が期待した効果がありとし(特定パビリオン参加者の6割、自治体パビリオンの9割、自由参加パビリオンの7割)来年以降もコンテンツを継続する予定(特定パビリオンの8割弱、自治体パビリオンの7割弱、自由参加パビリオンのほぼ全員)としている。以上主催者側から発表がありました。


インパクパーティ2001は校内全館で行われ、グランドの特設テントでインパク編集長の糸井重里氏による乾杯に始まり乾杯と同時に100個の風船がY's Dreamの皆さんにより放たれました。会場では、ひょうたんコンサートチンドン屋さんの演奏フラメンココンサート、等のアトラクションや夜店、インパク協会の輪投げ沖縄県から下記の写真のような水着の美女、パビリオン紹介等、各パビリオン設営者による44のいろいろな出展がありました。グランドの特設テントでは大きな鍋で芋煮が行われ参加者から大好評でした。時間の経過とともに、旧淀橋第三小学校の校舎や樹木がライトアップされ、夕暮れで暗くなってくると周りの高層ビル群の中に幻想的に浮かび上がってきてインパクパーティは最高の盛り上がりとなりました              ※フラメンコの演奏が聞けます。

乾杯をする糸井編集長 大空に舞い上がる風船 沖縄から参加の美女 大人気の芋煮