Matsusiro

HOME知多の見所知多の宿(ホテル)知多のお土産日本の観光スポット全国各地のお土産トピックス
日長野県にある幻の大本営地下壕跡を見てきました。篠ノ井高校の高校生により保存、公開がされた松代大本営跡とは、日本の敗色が濃くなってきた第二次世界大戦末期の年1944年、日本陸軍は本土決戦を想定し、敵連合軍に最後の一撃を加え少しでも有利な条件で戦争を終わらせようと考え、大本営や天皇及び皇族など国の重要期間を東京から長野へ移す計画を極秘のうちに進めていました。工事は、長野市松代町の3カ所にある、象山・舞鶴山・皆神山を中心に地下壕を掘り、首都機能を移転させるという計画でした。1944年11月(私の生まれた年月)か ら終戦まで約9ヶ月に渡り掘られた80%ができあがりその長さは総延長10kmを超えていたそうです。工事には、動員された人々は日本人が3000人と7000人の朝鮮人が従事したそうです。 また、地下壕の近くに住んでいた住民も、秘密を守るために強制立ち退きを命じられたとのことです 。そして 終戦でマツシロは幻の大本営となりました。忘れ去られていた幻の大本営跡が平成2年に一部公開され現在に至っています。以上 の説明を長野市松代町内にあるお酒屋のお姉さん(写真の女性)が熱弁を奮って案内してくださいました。帰りに熱弁を奮って案内していただいたお酒屋さんのお姉さんのお店で地酒とワイン の利き酒をして思わずお酒を買ってしまいました。松代大本営の保存をすすめる会
                                                                                                                                      ※写真の上でクリックすると拡大表示します.

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-

                

食るり愉るり知多半島