HOME知多の見所知多の伝統行事知多のイベント知多の宿知多のお土産日本の見所全国のお土産


日本のカメラスポット

世界のカメラスポット

 
赤レンガ建物  詳細はこちら

カブトビールの醸造工場として建設され、戦時中にあっては中島飛行機の倉庫として使用され。その後、日本食品化工鰍フ工場となり、平成8年に半田市が取得した。今も半田市にその姿を残しています。 平成16年7月には、国の登録有形文化財となりました。

師崎荘屋上   詳細はこちら

知多半島の先端にある師崎荘の屋上からの知多湾、伊勢湾、知多の島々の景色は知多半島NO1の絶好のカメラスポットです。 師崎荘の海老フライ定食は美味しいですよ、食後に屋上から写真撮影いかがですか.

蔵の街「半田運河」 詳細はこちら

古くから海運により知多半島の産物である酒や酢、木綿などが江戸、大阪などに運ばれていました。その醸造業に代表される黒板囲いの蔵が半田運河沿いに今も現役で活躍しています。半田運河周辺は、環境省の「かおり風景100選」に選ばれています。

弘法大師上陸像  詳細はこちら

814年(弘仁5年)、弘法大師が海を歩いて上陸したという言い伝えから、海から陸に向かって、弘法大師の石造が岩の上に作られています。 知多湾と弘法大師像を写すには、聖公園の展望台が絶好のカメラスポットです.

羽豆岬展望台 詳細はこちら

天然記念物ウバメガシのトンネルが、生い茂る岬の高台の散歩道。緑の島々と青い海と空を見ながらの「恋のロマンスロード」とも呼ばれています。伊勢湾を行きかう船を見ながらの散歩道は最高です。 展望台が絶好のカメラスポットです.

矢勝川の彼岸花  詳細はこちら

童話作家「新美南吉」の古里で南吉の代表作「ゴン狐」に出てくる矢勝川の堤防一帯に植えられた200万本の彼岸花 毎年秋のお彼岸のシーズンには矢勝川の堤防が真っ赤に染まります、休日にはたくさんのアマチュアカメラマンでいっぱいになります.

チッタナポリ 詳細はこちら

三河湾国定公園を見下ろす絶景の複合型リゾートシティーここが日本かと思うほどすばらしいマンションが並んでいます。レストランや各種運動施設が整っています。 ここからの知多湾の島々と行きかう大型船や漁船、レジャーボートなど最高のカメラスポットです.

師崎港 詳細はこちら

師崎港は、気候温暖な知多半島の最先端に位置し、海上交通の拠点として重要な地方港湾であります。,師崎港からは、渥美半島の伊良湖港へフェリー及び高速船が就航してます。篠島、日間賀島へは高速船が就航してます.

  野間灯台 詳細はこちら

知多半島の観光シンボル的存在として親しまれている高さ18mの灯台。伊勢湾の船の守り神としてて建てられ、夕日の美しさは最高で訪れた人誰もがロマンチックな気分にな ります.知多半島夕日のカメラスポットNO1です.

豊岡  詳細はこちら

花ひろばの途中豊岡から見える三河湾 、知多湾、篠島、佐久島、日間賀島の島々と渥美半島をバックにそばの花が一面に咲き誇っています.夏にはひまわりの花が一面に咲き絶好のカメラスポット.

時志観音 詳細はこちら

領内一円を巡察中の尾張藩主徳川義直公が当寺の観音堂に休憩のみぎり、由来に感銘し堂宇を修復されました。修復するや直ちに安産祈願の使者を立てられ、無事男子の誕生をみるに至り、それ以来、寺紋に三つ葉葵が許され、代々その庇護を受けることになりました。

セントレアと鈴鹿の山々  詳細はこちら

日本の空港で最も滑走路の近くから飛行機の離着陸が見えるセントレアの送迎デッキからのカメラポイントは飛行機マニアには最高です。 特に、冬季には雪を冠った鈴鹿の山々と伊勢湾を航行する大型船、世界に羽ばたく大型旅客機、最高のカメラスポットです.

美浜ナチュラル村 詳細はこちら

自然を体いっぱいに、自然と人と共生を感じる場所です。三河湾が一望できる素晴らしいロケーション、ハーブ園・薬草園・草花園・パッションフルーツ園、果樹園等、見て楽しんで心からリラックスできる、海がきれいに見えるスポットです。 ここからの日の出は最高です.

小野浦海岸   詳細はこちら

知多半島の南端にある小野浦海岸は千鳥ヶ浜、お吉ヶ浜などの名前のついた浜があり、砂が鳴る「鳴る浜」が昔あった。美しい海岸線から見る伊勢湾に沈む夕日は最高です。

富貴ヨットハーバー 詳細はこちら