HOME知多の見所知多の伝統行事知多のイベント知多の宿知多のお土産日本の見所全国のお土産

江戸末期から明治時代にかけて、菱垣廻船や樽廻船とは別に、主に瀬戸内海〜江戸間において廻船業を営んだ「内海船」という廻船集団がありました。その中心地であった南知多町内海には、10艘余の廻船を所有する前野小平治家をはじめとして数艘の廻船を擁する有力船主たちが多数存在していました。この内田家は、慶応2年(1866)から明治2年(1869)頃に建築されたものと推定されており、太平洋岸に現存する廻船主の家屋の中でも大規模なもので、主屋、蔵などの建物面積は全部で約270坪あります。内田家に残されている所蔵品は、明治から昭和にかけての家具や什器類のほか、当時の弁財船の船材が部分的ではありますが残存しており、全国的にみても稀な例であるといわれています。

知多半島のお土産

知多半島の宿

内田邸の場所     

|

HOME

|

サイトマップ

|

 

ご利用上の注意

|

  晴翠書道教室 | プロフィール | 更新履歴 | お問合せ |    
 
 

食るり愉るり知多半島

Copyright (C) 2005-2009 Zenpaku All Rights Reserved