食るり愉るり知多半島→

HOME知多の見所知多の宿(ホテル)知多のお土産日本の観光スポット全国各地のお土産トピックス


芝生で覆われた波打つような屋根の記念館はユニークな建物です。この建物は全国コンペで選ばれたもので、南吉が童話に描いた知多半島の自然・風景と調和することを目指しているのです。館内には、常設展示室・図書閲覧室・会議室・工作室・喫茶店などの利用スペースと事務室・収蔵庫などのバックスペースがあります。また、隣接する童話の森は、童話「ごんぎつね」に登場する中山さまの城跡と言い伝えられてきた場所であり、南吉文学に描かれた里山の自然に触れられる森として、市民に愛されています。
   ■開館時間:午前9時30分〜午後5時30分 ■休館日:月曜日・第2火曜日・年末年始 ■210円(中学生以下無料) 団体20名以上は各160円
       ●新美南吉の童話作品の紹介はこちら     ●新美南吉の生家はこちら     ●新美南吉の養屋はこちら     ●権現山とポピーはこちら

豪華客船飛鳥Uクリスマスクルーズ写真集はこちら 新美南吉記念館の詳細写真集はこちら 知多半島のお土産 知多半島の宿  

 

 
 

                

食るり愉るり知多半島

食るり愉るり知多半島