食るり愉るり知多半島→

HOME知多の見所知多の宿(ホテル)知多のお土産日本の観光スポット全国各地のお土産トピックス


「ごんぎつね」・「手ぶくろを買いに」など世に多くの童話を送り出した新美南吉(本名新美正八)は大正2年7月30日、父渡辺多蔵、母りゑの次男としてこの家に生まれました。正面から見て左が継母志んの下駄屋、右が父多蔵の畳屋です。昔の街道沿い に建ち、道からは一階建てに見えますが、裏にまわるとニ階建てになっています。戦後 は人手に渡っていましたが、半田市が購入し、南吉が住んでいた当時の間取りに復元し て、無料公開しています。                                 
   ●新美南吉の童話作品の紹介はこちら     ●
新美南吉記念館はこちら     新美南吉の養屋はこちら     ●権現山とポピーはこちら

豪華客船飛鳥Uクリスマスクルーズ写真集はこちら 新美南吉の 生家写真集はこちら 知多半島のお土産 知多半島の宿  

 

 
 

                

食るり愉るり知多半島

食るり愉るり知多半島