食るり愉るり知多半島→

HOME知多の見所知多の宿(ホテル)知多のお土産日本の観光スポット全国各地のお土産トピックス


童話作家、新美南吉の実母りゑの実家(新美家)。大正10年7月、小学校2年生の南吉は、血のつながらない祖母新美志もの養子となり、この家で暮らしはじめましたが、四ヶ月ほどで父のもとに帰りました。当時の農家の様子を伝える萱葺きの家で、「小さい太郎の悲しみ」など の作品に登場します。志もの死後は空家になっていましたが、昭和48年に画家北川民次氏と弁護士神谷幸之氏の努力により修復され、現在はかみや美術館の分館として公開されています。庭には詩「墓碑銘」の碑があり、裏の土蔵は南吉に関する資料館になって います。
   ●新美南吉の童話作品の紹介はこちら     ●新美南吉記念館はこちら     新美南吉の生家はこちら     ●権現山とポピーはこちら

豪華客船飛鳥Uクリスマスクルーズ写真集はこちら 新美南吉養屋の詳細写真集はこちら 知多半島のお土産 知多半島の宿  

 

 
 

                

食るり愉るり知多半島

食るり愉るり知多半島