知多半島の行事案内

HOME知多の見所知多の宿(ホテル)知多のお土産全国各地のお土産トピックス日本の観光スポット

    初夏の奈良薬師寺を旅してきました。薬師寺は680年に
   天武天皇が建立されたもので、その後1320年もの年月を
   経て、そして、戦火、震災、水害などの幾多の災難を乗り
   越え、そして最近では阪神淡路大震災の衝撃をも耐え
   今も奈良西ノ京にあります。
    Nara Yakushiji. The east tower.Photography. : 2002.6.9

 

薬師寺の風景            ※写真の上でクリックすると拡大します

■薬師三尊像のある金堂  

1967年高田好胤前住職の百万巻写経勧進による金堂再建を提唱 1971年金堂の
起工式を行われ1976年4月に室町時代以来の本格的な金堂として復興しました。

■玄奘三蔵院  

玄奘三蔵院は薬師寺の復興伽藍ではなく新規に作られた伽藍です1984年に起工式を
執り行い、1991年に落慶しました。中央の玄奘塔には御頂骨と大川呈一仏師による
玄奘三蔵の木像が、祭られています

 
■国宝の東塔  

東塔は薬師寺で唯一創建当初から残っている建造物で、国宝に指定されています。この塔の特徴としては三重塔でありながら裳階(もこし)が付いている為六重塔に見えます。

 
伽藍の隅にあった地蔵様  

養老年問に造立された国宝の東院堂の左手の木立の下に2対の地蔵さんが
祭られていました。