水郷・水辺
 
HOME知多の見所知多の宿知多のお土産日本の見所全国のお土産トピックス
 
日本全国カメラ片手に、美味しい酒と、美しい風景と、珍しいものを訪ねてパチりパチリの旅アルバム・・・↓写真は 木曽川七里の渡し
・日本の水郷写真集を案内

(写真の上でクリックすると拡大画面がご覧になれます)

日本の見所ピックアップへ
柳川の川下り

どんこ舟の乗船場は、西鉄柳川駅から歩いて5~10分のところに4カ所と、車で5~6分のところに2カ所あります。全部で160隻余りのどんこ舟が用意されており、乗船者が10名前後になり次第、随時出発する。コースは通常は乗船場~水門~並倉~うなぎ供養碑~白秋道路~お花~沖の端(内堀コース)で約70分の行程です。

写真集はこちら 福岡県
 
近江八幡水郷めぐり 

今から400年前、豊臣秀次が宮中の船遊びに似せて始めた水郷めぐり。近江八幡の水運の玄関口でその発祥地でもある豊年橋を出発し、網目のように幾重にも入り組んだ、まるで迷路のような水路を手こぎの船でゆったり遊覧することができる。船はヨシの繁った水路を進み、春夏秋冬それぞれの表情が楽しめる。

写真集はこちら 滋賀県

 
木曽川葛木渡船

葛木渡船は,昭和30年代に,現在のような県営になるまでは,葛木の集落の船頭さんたちで運行される民間経営であった。運行時間は,日の出から日の入りの間で,基本的には依頼により,運行した。貨客については何でも運んだと言う。

写真集はこちら 愛知県
 
熱田七里の渡し

七里の渡し(しちりのわたし)は、宿場の宮宿(愛知県名古屋市熱田区)から桑名宿( 三重県桑名市)までの海上の渡しで、かつての官道。1601年(慶長6年)の東海道制定の際に定められた。東海道で唯一の海上路である。

写真集はこちら 愛知県

 

 

 

|

HOME

|

サイトマップ

|

 

ご利用上の注意

|

  晴翠書道教室 | プロフィール | 更新履歴 | お問合せ |    
 

                

食るり愉るり知多半島

食るり愉るり知多半島