世界遺産カトマンズ渓谷《スワンヤンブナート》

    

 

  

     世界遺産《スワンヤンブナート》

 

  

     世界遺産《スワンヤンブナート》

 

  

    

 

  

    

 

  

    

 

  

    

 

  

    

 

  スワンヤンブナートから眺めるカトマンズ盆地の街並み

    

 

 世界遺産カトマンズ渓谷《スワヤンブナート》

カトマンズの起源とされる伝説の地で、小高い丘の上に仏塔が建っている。場所は、カトマンズの中心部から西に3kmほど離れた丘の上。
400段弱の急な石階段を上ったところが寺院の中心になっている。 寺院中央には仏塔がそびえる。大きさではボウダナートの仏塔よりも
はるかに小さいが、ネパール仏教にとっては最も重要な仏塔である。仏塔には仏陀の知恵の目が四面に描かれている。また、この仏塔の
周囲には、チベット仏教の特徴を示すマニ車が並んでいる。

 

ネパール連邦民主共和国

2013年6月21日~25日ネパールの世界遺産を撮ってきました。

 

Copyright(C) 2013 Zenpaku. All Rights Reserved