野猿公苑

全国で第2位の面積を持つ、群馬・長野・新潟3県に広がる山岳と高原と温泉の国立公園で、公園内には、谷川、草津、鹿沢、浅間山、軽井沢、志賀高原などがあります。※写真をクリックすると高画質の写真が御覧になれます。

志賀高原白根山草津温泉湯畑地獄谷野猿公苑



志賀高原は、長野県下高井郡山ノ内町にある上信越高原国立公園の中心部を占める高原です。高原一帯には火山活動はなおも続き、湖がほぼ埋め尽くされた結果、現在の志賀高原の大部分が湿地帯になり、埋め残った所に沼や池がある。

586A3381.JPG586A3381.JPG



地獄谷野猿公苑は、長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある野性のニホンザルの保護および観察を行っている野猿公園。冬場に温泉にサルが浸かる国際的な観光地。

IMG_9313.JPGIMG_9313.JPG



特徴であるが、1882年の噴火以前は火口付近まで緑が広がっていたという[1]。山頂付近には複数の火口湖が形成され、湯釜、水釜、涸釜と呼ばれている。かつて、山腹にはいくつかの硫黄鉱山が存在し、鉱山跡が現在も残っている。

20140508-586A3406.jpg20140508-586A3406.jpg



群馬県吾妻郡草津町にある温泉のことである。林羅山の日本三名泉に数えられる。江戸時代の温泉番付では当時の最高位である東大関に格付けされた、日本を代表する名泉の一つである。 北西部には、草津白根山が聳えている。

IMG_9370.JPGIMG_9370.JPG

地獄谷野猿公苑