一色大提灯また売り

HOME知多の見所知多の宿(ホテル)知多のお土産日本の観光スポット全国各地のお土産トピックス

夜になると大提灯の中でに約1mの巨大ろうそくに火が灯る、400年の歴史のロマンを感じさせる、愛知県幡豆郡一色町の建御名方神を御祭神とする由緒ある諏訪神社の「大提灯まつり」を見てきました。
その昔、諏訪神社において田畑を荒らし人畜に危害を与えていた海魔(かいま)を退散させる祈祷大祭を行ったことが起源とされています。まつりで使用されている大提灯は大きいもので直径5.6m、長さ10mと日本一の大きさです。使用するろうそくは、長さ1.2m、重さ80kgと桁違いの大きさです。夜7時頃、この巨大な提灯にろうそくが吊され、火入れが行われます。400年前からより海の平穏と豊漁を願い灯されてきた大提灯の幻想的な灯りは美しい。
        ※写真の上でクリックすると拡大表示します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大提灯まつり

  • Director: enomoto
  • Date: 2003/08/27
  • Music: LiFE: Bell


Comments:

愛知県幡豆郡一色町諏訪神社の 「大提灯まつり」2003年8月26日〜27日の2日間行われました。


 
 
フォトシネマを観るにはShockwaveプラグインが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
-
 


 Copyright (C)  2005-2006 Zenpaku All Rights Reserved.