1634興福寺の2代目住職、黙子如定(もくすにょじょう)が架けた。1648年(慶安元年)の洪水で損壊するが、平戸好夢が修復、以後度重なる水害に耐えてきたが、1982年長崎大水害で半壊した。修復時に江戸期とみられる階段跡が出土したため、階段が取り付けられた形で、翌年復元され、歩行者専用橋となった。なお、流出後、下流で見つかった石材については、復元時に再利用された。橋の長さは22m、幅3.65m、川面までの高さは5.46m。

 

 

 

  HOME TOPICS | 知多の見所 知多の宿 知多の味 日本の見所 全国のお土産 サイトマップ 掲示板 お問合せ

 

Copyright (C)  2005-2007 Zenpaku All Rights Reserved.