食るり愉るり知多半島→

HOME知多の見所知多の宿(ホテル)知多のお土産日本の観光スポット全国各地のお土産トピックス

Amarube
 

JR山陰本線鎧駅と餘部駅の間にかかる高さ41.5m、長さ310.7mの鉄橋で、トレッスル式と呼ばれる鋼材をやぐら状に組み上げた橋脚が特徴で、この種の鉄橋では日本一の規模を誇ります。1909年に着工し、2年半の歳月と約33万円(現在の工事費用で概算42億円)の建設費、延べ25万人の労力をかけ、明治45年(1912年)に完成。

豪華客船飛鳥Uクリスマスクルーズ写真集はこちら 余部鉄橋写真集はこちら 餘部周辺のお土産 餘部周辺の宿(ホテル)  

 

 
 

食るり愉るり知多半島

食るり愉るり知多半島