世界遺産シェーンブルン宮殿

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


オーストリアの世界遺産。World heritage of Austria   

HOME > シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿は、1695年レオポルド1世が夏の離宮としてハプスブルク家の狩猟の森に建てた宮殿です。フィッシャー・フォン・エアラッハ設計のバロック様式でした。マリア・テレジアはこの宮殿を居城にすることに決めて、ピンクの壁をイエローに塗り替え内装はロココ様式に統一するなどの増改築をおこないました。

マリアーテレジア女帝やエリザベート皇后(シシィ)の暮らした豪華な部屋の数々が、見学コースとして公開されていますが残念ながら室内は撮影禁止です。

j100.JPGj100.JPGj101.JPGj101.JPGj102.JPGj102.JPG
j103.JPGj103.JPGj105.JPGj105.JPGj106.JPGj106.JPG
j108.JPGj108.JPGj107.JPGj107.JPGj109.JPGj109.JPG
j111.JPGj111.JPGj113.JPGj113.JPGj112.JPGj112.JPG