バルト三国十字架の丘


リトアニアの十字架の丘

IMG_2799.jpg十字架の丘ラトビアの国境近くにある。大小無数の十字架が立ち並ぶ丘19世紀ロシアに蜂起した数千人のリトアニア人を弔うため建てられたのがはじめといわれている。ソビエト時代、この十字架の丘を巡礼することは「リトアニアへの愛国心の証」として、多くの人が巡礼をした。それを嫌ったソビエトが、1961年、1973年、1975年っと三度にも渡りこの丘の十字架を完全に撤去したが。リトアニアの人々はその度のこの丘を再興し、1985年には完全に平静な聖地となった。1993年には、あの聖ヨハネパウロ2世もこの地を訪れたそうです。
十字架の丘写真集はこちらLinkIcon

ページの先頭へ