バルト三国リトアニア


世界遺産のビリニュスの街並み

DPP_120004.jpgリトアニアの首都で、政治、経済、文化、交通の中心地、第一次大戦以降争奪地となった、典型的なカトリックの町でドイツ的な要素が強いタリンやリガとは異なる、のどかな雰囲気がある。2000以上の彫刻が飾られていた聖ペテロ・パウロ教会、ビリニュス最古の聖カジミエール教会などが見所。リトアニアの首都で、政治、経済、文化、交通の中心地、第一次大戦以降争奪地となった、典型的なカトリックの町でドイツ的な要素が強いタリンやリガとは異なる、のどかな雰囲気がある。2000以上の彫刻が飾られていた聖ペテロ・パウロ教会、ビリニュス最古の聖カジミエール教会などが見所。
ビリニュスの写真集はこちらLinkIcon

ページの先頭へ

杉原千畝で有名なカウナス

IMG_4621.jpgリトアニアの第二の都市で。緑豊かな美しい街、カウナスの旧日本領事館には、第二次世界大戦時、ユダヤ人にビザを発給し救出した杉原千畝氏がいた。市内に杉原記念館がある。
カウナスの写真集はこちらLinkIcon

ページの先頭へ