世界遺産ティエンムー寺院

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


ベトナム世界遺産を訪ねる旅。Zenpaku LOVES DESIGN

ティエンムー寺院は、禅寺で煉瓦造り、中国の影響を色濃くうけた八角形七層の塔 が特徴。寺の屋根の四方のそり方は上に跳ね上がって、陶器の破片で屋根の上に龍や鳳凰の飾りが美しい。中は色彩を押さえ落ち着いた雰囲気で日本の禅寺とよく似ている。庭の色調も静かさを感じさせる。この寺一角に場違いな古い車が置いてあった、説明文をみると1963年にサイゴン政府に仏教の弾圧を抗議して焼身自殺した住職の車です。このニュースは世界へ発信され、テレビで火達磨の僧をみた記憶がある。あのときの僧がここの住職だったわけだ。当時はベトナム戦争の最中、やむにやまれぬ抗議だったのだろうか。ベトナムは共産主義なのに宗教は自由でこの禅寺でも座禅を組み修行されている僧侶が何人もいるとか。

ティエンムー寺院は、1601年創建正面入口にある塔は高さ21.24mの七層八角形で、各層には仏像が安置されている。フエのシンボル塔である塔の名はトゥニャン(慈悲)塔と言い幸福と天の恵み意味している。寺の中心には釈迦を祀ったダイフン寺がある

h101.JPGh101.JPGh105.JPGh105.JPGh108.JPGh108.JPG
hoian106.JPGhoian106.JPGhoian112.JPGhoian112.JPGh115.JPGh115.JPG
h111.JPGh111.JPGh112.JPGh112.JPGhoian110.JPGhoian110.JPG
hoian118.JPGhoian118.JPGhoian116.JPGhoian116.JPGhoian113.JPGhoian113.JPG