世界遺産ホイアンの古い街並み

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


ベトナム世界遺産を訪ねる旅。Zenpaku LOVES DESIGN

ベトナム中央の南シナ海の海岸にある町で約9万人の人口を抱える。トゥボン川の河口に位置するホイアンの港は16世紀、17世紀の間東南アジアの重要な国際的貿易港で、インド人、中国人、オランダ人、ポルトガル人などが貿易のために来航しました。
フランスの占領の間、ファイフォと呼ばれていた。そのため、フランスやスペインではファイフォの名で知られている。 日本人もこの港に来航し、17世紀頃まで日本人街が存在した。中国人街を中心に古い民家や中国式寺院などの木造建築などが残り、「ホイアンの古い町並み、Hoi An Ancient Town」として世界遺産登録された。

ホイアンの古い街並みを、バイクタクシーで散策する。タンキーの家・クワンタンの家や海のシルクロード博物館そして来遠橋(日本橋)などを回って撮影する。すごく暑かった!

hoian122.JPG
hoian110.JPG
hoian116.JPG
hoian104.JPG
hoian119.JPG
hoian130.JPG
hoian135.JPG
hoian139.JPG
hoian143.JPG
hoian148.JPG
hotimin115.JPG
hoian147.JPG
hotimin104.JPG
hoian137.JPG
hotimin111.JPG
hotimin108.JPG
hotimin123.JPG
hotimin127.JPG
hotimin125.JPG
hotimin126.JPG
hotimin130.JPG