世界遺産「聖地アヌラーダプラ」

聖地アヌラーダプラは、スリランカ中央部にある文化三角地帯の最北の一角を成す大遺跡群の拠点で、今から約2,500年前にスリランカで最古の都がパンドゥーカバヤ王によって築かれた場所です。その後、この地は約1,400年に渡り政治、そして仏教の中心地として栄えました。

聖地アヌラーダプラ

スリランカ仏教は、紀元前3世紀、マヒンダの訪問により、その幕を開ける。マヒンダは、インド亜大陸をほぼ統一し、仏教を各地に広めたことで名高いインド、マウリヤ朝のアショーカ王の王子。アショーカ王はマヒンダに、現在のスリランカに渡り、布教するよう命じたのだ。

アヌラーダプラ周辺写真

聖地アヌラーダプラのストゥーパ(仏陀の遺品を収納していない仏塔)に巻く、赤、青、黄の
幕を架け替える儀式の行列を撮影できた。供物を先頭に長い長い幕を頭上に掲げ長い行列が続いていた。