韓国《景福宮》

韓国《景福宮》

韓国《昌徳宮》

韓国《清渓川》

韓国

《景福宮》
ソウル市内にある5大王宮の中でも最も規模が大きく、また建築美に優れた宮殿の景福宮は、1395年に創建され、現在は韓国の史跡指定
されている古宮。当日は、イベントが開催されていました。
《昌徳宮》
昌徳宮は1405年、正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で、約270年に渡って李氏朝鮮王朝の政務が行われた王の御所。全部で
約135,000平方mの敷地には13棟の宮殿の建物があり、その北半分を占める秘苑(ピウォン)には28棟の楼閣があります。日本語のガイド
付きで纏まって見学します。約1時間半ほどかかりました。

《清彩川》
005年10月1日に復元された清渓川はソウル中心部の光化門の清渓広場を基点に、鍾路、東大門、馬場洞あたりまでの全長5.8キロ。
徒歩だと所要時間は2時間~2時間半かかります。草花が生えているだけの川辺ではなく、22の橋がかかり、ところどころに展示場所や滝、
噴水、壁画スポットがあったり、歩いているだけでも飽きない設計も魅力。清渓広場・橋などの横に不規則に設置された階段を下りて、夜の
川辺の散策ロードを散策してきました。

 

食るり愉るり世界一周Web写真展
定年退職後2年間をかけて世界遺産や美しい街並み伝統的な建造物大自然の風景を
撮影した20万枚の写真の中から選別して掲載しました。

世界写真フォーラム(WPF)会員
榎本善博(Zenpaku)

Copyrigh (C) 2013 Zenpaku. All Rights Reserved.